犬の認知症

DHAの脳の健康への効果の裏付け

ヒトの場合、認知症の予防にはDHA(ドコサヘキサエン酸)がいいらしいということは、どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、犬の認知症にもいいらしいのです。

 

 ヒトの場合でも研究がなされているんでしょうが、犬の場合もDHA(ドコサヘキサエン酸)には、ちゃんとした研究の裏付けがあります。代表的なものは獣医学博士 内野先生の論文(参1)です。主な内容は次の通りです。(論文中では、痴呆犬と記載されています)

 

1.痴呆犬(=認知症の犬)では、非痴呆犬との比較で犬の血液中のDHA等が不足している傾向があった。
2.痴呆犬にDHA等を与えると、処方前よりも痴呆スコアが軽減した。特に、泣き声、後退行動、勘定表出で有意な差が見られた。

 

 ←(参1)内野富弥, JVM 獣医畜産新報 vol.58,No.9,776-774,2005

 

この文献によれば、つまり認知症の犬ではDHAが不足しており、これを補うことで犬の痴呆の症状を軽減できる可能性がある、というものです。
もちろん個体差があると思いますが、DHA等のサプリメントを与えることで、高齢犬、シニア犬で気になる犬の認知症に効果が期待できる結果となっています。効果のあった項目でも特に「泣き声」(夜鳴きのことと推測します)への効果が顕著で、犬の認知症の主な症状である「夜鳴き」に効果が現れるであろうという結果です。

 

 

ARA(アラキドン酸)へのサントリー社の取り組み

 本サプリメントに含まれるARA(アラキドン酸)はDHAとともに必須脂肪酸と言われるもので、脳の記憶を司る脳内の海馬に多く存在しているそうです。 ARA(アラキドン酸)は、サントリーがいちはやく着目、20年来の研究で明らかにしてきた成分です。ARAの摂取により脳の健康維持への効果の期待が持てます。

 

これらARAとDHAを主成分とするペットヘルスARA+DHA(サントリーウエルネス)のサプリメントは、高齢犬、シニア犬の健康維持(特に脳に関する健康)に、とても期待が持てそうです。

 

 

実際にARA+DHAペットヘルスを買ってみた

サントリーウエルネス株式会社のペットヘルス ARA+DHAを実際に購入してみました。

 

 

 

こんな感じで送られてきます。

 

箱を開けると、商品と説明書等が入っています。

 

 

こちらが、ペットヘルス ARA+DHAです。60粒入り。 袋の表面です。

 

裏面です。

 

袋を開けてみます。中をみると赤い透明カプセルが見えます。

 

手に取ってみます。とてもきれいな赤色です。

 

 

これを1日に2錠(体重10kg未満の場合)づつ与えます。

 

正直なところ、「サプリメントなんて気休めじゃないのか」とこれまでは思っていましたが、DHAは、上記のように、研究で効果を確認している成分だとは知りませんでした。10才を超えるようになったら、サントリーウエルネスのペットヘルスARA+DHAを与えて、愛犬の脳の健康維持に期待したところです。