過去という日は来ない

アトピカの役割

アレルギーである、アトピーは当人には耐えがたく、かゆみが止まりません。

かゆいからと我慢しがたく、血だらけになってもなお、かゆい、大変つらいものです。これが、ペットの犬や猫の場合も起こる場合があります。

ペットの場合も同様です。前足、後ろ足で、かきむしり、挙句の果て、毛がなくなってしまいます。このようなアトピーの症状にはステロイド剤やアトピカや、そのジェネリック薬であるアトペックスを与え、症状を和らげることが試みられます。

昨今ではステロイド剤はその副作用が強いことから使用を敬遠されることが多いです。ステロイド剤の副作用はいくつもあって、感染症にかかりやすくなるとか、動脈硬化になりやすいとは骨粗鬆症になりやすいということが報告されています。

また、精神的にも悪影響を与えるとされ、うつ病にかかる場合があります。これらの副作用を避けるため、ステロイドではなく、非ステロイド系のアトピカが使われることが多くなってきています。アトピカは副作用がないわけではありませんが、

ステロイドよりもその分使いやすいものになっています。免疫作用は当然落ちますから、十分注意が必要です。また、値段がかなり高価なのでデメリットの主要な部分になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です